サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

僕に向かって言っているかどうか

ネットサーフィンをしていて、なにかしらの批判記事を読んだ時、怒りが湧くことがある。そういった時に考えるのが「この記事は僕に向かって言っていることなのか」、言い換えれば、「この記事の批判の対象に僕は含まれているかどうか」ということだ。

僕に向かって言って無いことにわざわざ悩んだり苛ついたりする必要はない。
例えば「男はBという悪い行動ばかりとっている」という文章があったとする。字面通りに受け取れば、この批判の対象は男性全体であるかのように思えるが、ちゃんと考えればそんなことはないことが分かる。その人が批判しているのはあくまで「Bという悪い行動ばかりとっている男」である。

僕はBという悪い行動ばかりとっている男ではない。つまり僕が批判されているわけではない。僕が批判されているわけではないので、僕はその文章に怒る理由もなければ反論する理由もない。
ましてや僕はネット上の悪を退治して秩序を維持するお仕事をやっているわけでもない。

といった理由で、僕は僕が批判対象に含まれていない言説に対して基本的に無視を決め込む。