サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、インターネット

シャルリーの漫画は糞つまらんと皆が言えばいいのだ

シャルリーエブドの風刺画がいかにつまらないかってのをぶちまけるべきだと思うのだ。いくら表現の自由の面からツッコミを入れたって、彼らは表現の自由を行使する自分にひどく酔っぱらっちゃってる(良い言い方をするなら「誇りを持っている」)ので、言えば言うほど「迫害に立ち向かう正義の自分」を感じて増長するだろう。それじゃ何の意味もない。ならば単純にあの漫画つまんないよね、とストレートに言っちゃったほうが良いのではないか。

表現者にとって最も堪えるのは、その表現が倫理的に問題があるかよりも、その表現が面白くない、つまらないといわれることだと思う。美味しんぼやらカオスラウンジやらを思い出して欲しい。倫理にツッコミを入れても無駄だ。調子に乗るだけだ。ツマラナイと言うべきなのだ。お前の漫画はセンスの欠片もないクソマンガだと、自分ではユーモアのセンスがある、なかなか良い風刺ができてると思ってるのかもしれないが、そんなこと思ってるのはお前だけだと、お前の作品はただ悪趣味なだけで、ユーモアのかけらもないと、この騒動のおかげでそのつまらなさ、しょーもなさを感じる人は爆発的に増えたことだろうと、書くべきなのだ。あいつらがあれだけ「表現の自由」をぶちあげてるわけなんだから、その自由に全力で乗っかって、いかにシャルリーエブドの漫画がクソかをひたすら書き連ねるべきなのだ。

別に言葉でなくても、シャルリーエブド自体を風刺する漫画を描いてもいい。個人的には、表現の自由を守るために「私はシャルリー」なんてデモをやるくらいなら、表現の自由を行使して「シャルリーの漫画は糞つまらんデモ」もやってくれりゃいいのにと思っているんだけど。