サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、インターネット

個人の日記レベル

「あなたの意見に対して否定的なコメントの中には、中傷コメントだけではなく、ちゃんとした批判コメントもあるのだから」とか言われても、その選別をするためには全てのコメントにちゃんと目を通さなくちゃいけないわけでしょう、そして中傷コメントによって精神を傷つけられながら良い批判コメントを探さなくちゃいけないわけでしょう。「ちゃんとした批判コメントもある」、そら当然そういう意見もあるわな、ただそうではない意見もあるんだな、そしてそうではない意見を読むと暗い気持ちになるわけだ。

もしブログを書くこと=そういうしち面倒臭い作業をやんなくちゃいけないことだとするならば、わざわざインターネットに文章を書く必要ってあるのか。端から何も書かないのが一番良いことなのでは、って気がしてくる。

いや書くけども。