サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、インターネット

「嫌なら見るな」ってのはそういうことだ

togetter.com

あなたが見ることを選択した、それだけは覚えておかなくちゃならない。クリックする、しないはあなたの選択であって、まとめた人の選択でもなければ、元ツイートをつぶやいた人の選択でもない。「それが声優」に感じる不快感、というタイトルを見て、この文章は「それが声優」について何か否定的なことを書いているんだな、というのは容易に想像できるはずだ。けれどもあなたはこのまとめを見た。わざわざ見たのだ。

あなたを不快にさせる可能性のある文章がそこにある場合、当然それを見ずに済ませることもできたはずだ。その上で見ることを決めたのならば、あなたはこの文章を読んでも嫌な気持ちにならないぞと、そういう覚悟を持った上で見ているはずである。でなければあなたが繰り出した「嫌なら見るな」というフレーズと、あなたの実際の行動が矛盾していることになってしまう。にもかかわらず、その文章を読んで嫌な気持ちになった上で、「嫌なら見るな」を得意気にぶつけてくるのは、ただただダサい。ブーメランが刺さった状態でドヤ顔されても、こっちは何だこいつとしか思わない。

「嫌なら見るな」という意見に対して僕はこういうことを言いたくなる。