サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

「更生したイジメっ子」を世間が許さないなら【追記】

https://togetter.com/li/1096750
高校時代にイジメ被害者に会った女性が美容院でいじめていた相手に遭遇した時の話 - Togetterまとめ

僕があらゆる失敗に怯えてしまうのはこれが原因だ。自分が誰かにしてしまった失敗を相手は忘れない。「自分が昔した失敗に対して何らかの感情を持っている人間に文句を言われる」可能性は常にある。昔相手を虐めた人間は絶対に許されない。一生許されない。それは正しいことだと皆が考えているし、実際正しい。つまりはそういうことなんだろう?

人は失敗に学ぶとかなんとか言うが、その失敗によってもたらされた相手に対する不快はどうなるのさ。相手がそれをあっさり水に流してくれるなんて、僕にはとても思えない。

「失敗に学ぶ」って、元不良が昔悪かったんだけど今は更生した的な話とそんなに変わんないんじゃないかと思うんだよな。単に規模が違うだけで。自分の中だけの問題にすり替えちゃうっていうかさ。相手がいなくなるっていうかさ。もちろん相手のことを考えてはいるんだけど、コミュニケーションはもはやなくて、自分の中で反省して次はこうしようって思った瞬間、相手は過去の存在になっちゃうわけだよね。相手の不快が消え去ったかどうかはわからないのに。

「果たしてこれは十年後の自分の足を引っ張らない行為だろうか。自分の大切な人が見たら何と言うだろうか」と問われたら、さっさと死ぬのが一番手っ取り早いですね、と僕は返すだろう。その問は僕にとっては理想論過ぎる。自分がとんでもないことをしでかし相手に不快を与える可能性からは逃れられないので、それを確実に回避するためには死を選ぶしかない。僕は(未来の)自分のことをそれほど信用していない。未来の自分なんてもはや別人だからね。過去の自分が別人であるのと同様に*1


【追記】
この文章を書いたのには理由がある。「この人たちはあのまとめを読んで自分もいつか誰かに復讐されてもおかしくないなと考えないのか」とショックを受けたからだ。自分には相手を酷い目に合わせた経験があるのだが、他の人たちにはないのか。ないからこんなに素直にそうだそうだと言っていられるのか。皆そんなに善人なのか。ドラマ『カルテット』じゃないが、「グレー」な部分は存在しないのか、と。

*1:僕は「人生とは自分によく似た他人の責任を延々と取らされるようなもの」だと思っている。例えばテンションが上がりまくった後に我に返って、あの時調子に乗ってたあいつは誰だ、と思ったり、逆にめちゃめちゃ落ち込んだ後に我に返ってあいつは誰だ、と思ったり。ちょっと前までAにハマってたのが、今はBにハマってたり。Aこそが正しい意見だと思ってたのがすぐBに変わったり。そしてかつてAと思っていた自分を自分だとはとても思えなくなる。しかしそのどれもを「自分」として引き受けなければならない。つまりそれは「自分によく似た他人の責任を延々と取らされるようなもの」だ。