サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

本人がどう思っているのか、じゃないのか

thepage.jp

あなたの仕事は差別的なので、あなたは首ですと言っているのに等しいわけだ。だから僕は「グリッドガールを廃止する」と言う前に、まず実際に首にさせられるグリッドガール本人たちがどう思っているか、仕事に対してどう思っているか、廃止されることに対してどう思っているか、をちゃんと聞かないといけないだろうと思った。そうじゃなきゃ誰のために、何のために廃止するのかよくわからない。

www.j-cast.com

f1-gate.com

他の記事ではグリッドガールレースクイーン本人による憤りの文章も紹介されている。本人たちに何の相談もなく、これは差別的だと判断し廃止を決定していいわけがない。当人の意見より外部の人間に配慮をすることの方が重要なのだろうか。ならばその職業に就いている人たちの権利は一体どうなるのか。単純に、商売としてグリッドガールがいない方が良い、そのほうが経済的である、と言ったならともかく、女性差別を持ち出してグリッドガールを否定したのだから、彼女らの権利についてなあなあにするわけにはいかないはずだ。彼女らだって女性なのだから。

「僕は/私は興味がないからなくなってもいい」という意見もあったが、それはちょっと主張として雑すぎる。僕の興味がないものはなくなってもいいと、そんな単純な話ではないだろう。例えば僕がBLに興味がないのでBL作家は首になっても構わないとか、少女漫画に興味がないので少女漫画作家はいなくなっても構わないとか、そういうことをちょっと考えてみればいかにいい加減なことを言っているかがわかる。自分がそれに興味を持っていないことは、それを無くす理由にはならない。

 

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

ただこれを読む限り、怪文書であることを百歩譲ってこれが本当のことならば、相当やばい業界だってことはわかるし、廃止にされても仕方ないのかなという気分にもなる。

でもこれでわかるのは、レースクイーンそれ自体というよりは、業界の裏側に問題があるということなので、それは記事内で理由として書かれていたこととは別の話なわけだ。これを上記のF1のニュースの論点と合わせて語るのは難しい。たとえば、AV女優の裏側に問題があるということと、AV女優の仕事それ自体が差別的かどうか、ということをごっちゃにして考えるのは難しいのと同じように。

F1側はグリッドガールという職業それ自体に問題があると言ったわけで、グリッドガールの裏側には問題があって、その問題を解決するコストが払えない、払いたくないのでグリッドガールを廃止します、と言っているわけではない。それとも、表向きは綺麗な言い方をしてたけど、本当はこういう理由なんだけど隠してました、的な感じなのか。そこまでいくと流石に妄想の域に入ってくるのでなんとも言えない。

ただし、グリッドガールレースクイーンそれ自体が差別的職業かどうかというのとは別の話として、もしここに書かれている文章が事実ならば、業界はこれらのセクハラ、枕営業、薬物問題を解決するべきだし、しなくちゃいけないとは思うが。