サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

海外のcity pop流行について


これは
Oh Bother – Safely Endangered
これの一部分を変えたやつ。

で、変えたやつの元ネタはこれ。
www.youtube.com

竹内まりやのPlastic Love。今現在だいたい800万再生。

これが海外でめちゃ流行ってる。動画ページをちょっとスクロールすればわかるけど英語のコメントだらけ。

なぜ流行ってるのか、その歴史を僕の知ってる範囲内で書く。

まずvaporwaveというジャンルについて説明しないとならない。

確か海外のどっかのクラブだった気がするが、とある人間が「クスリやってるときに曲の速度落として聞くとめっちゃトリップできるぞ」ってことに気づいた。で、そういう曲をバンバンかけるようになる。これがvaporwaveの起こり。ちなみにその人はオーバードーズで死ぬのだが。

それがきっかけとなり「vaporwave」とタグのついたフリーダウンロードのアルバムがbandcampにじゃんじゃん流れてくるようになる。なぜなら簡単に作れるから。なんでもかんでもとりあえずインターネット上から曲を引っ張ってきて速度落として10曲程度にまとめればいいわけで、リミックスも何もあったもんじゃない。そん中で一番有名になったのがこれ。
www.youtube.com

現在ほぼ4000万再生。tofubeatsもDJで流してた。
www.youtube.com
※動画冒頭で流れている。

他の特徴としてはエセ日本語的なアーティスト名、曲名をつけがち。ショッピングモール感、安っぽいCG、古いCM、昔のアニメをコラージュ、などなど。

ただ、いつまでもこんな適当な(disりたいわけではない)曲ばっか聞いてても飽きちゃうわけで、vaporwave界にも変化が起こる。それはfuture funkというやつで、何が違うかというとちゃんと曲っぽくなってる。funkというだけあってノリがよく踊れるものが多い。そん中で僕が知ってる有名な人は二人。「マクロスMACROSS 82-99」と「SAINT PEPSI」。
www.youtube.com
www.youtube.com
※ちなみにSAINT PEPSIは今Skylar Spenceという名で活動している。tofubeatsの2ndアルバムにもWithout Uという曲で参加。

という感じで、変化を起こしつつvaporwaveは続いていったのだが。
その元ネタとして、日本の古いファンクミュージックや歌謡曲山下達郎角松敏生、杏里、八神純子などなど)が採用された。このおかげで日本の古い曲が一躍有名になる。特に山下達郎はfuture funkで結構な採用率。

するとfuture funkもいいけどそもそも原曲もめっちゃいいじゃんって話になり、山下達郎が人気に。

で、ここからはあんまり詳しくないので更に雑になるが、youtubeにはレコメンド機能というのがある。だから山下達郎を通して竹内まりや、Plastic Loveにつながっていったのではないか。そんな感じで曲が曲を呼びシティポップが人気になった。多分。


ちなみに今現在vaporwave/future funk的な音楽を作っている人はまだいて、僕が知っているのはミカヅキBIGWAVE。ツイッターの感じを見る限りどうやら日本人っぽい。vaporwaveって日本以外の人が作ってたので珍しい。
youtu.be