サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

『リズと青い鳥』すごかった

リズと青い鳥が余りにも凄すぎたのでレディプレイヤー1の印象が吹っ飛んでしまった。別にレディプレイヤー1がしょぼいって言ってるわけではない。
 
とにかく暫定一位です。2018年における僕が触れたコンテンツの中で暫定一位。文句なし。まず冒頭のシーンでもう勝ってる。セリフほぼなし。音(靴音)と画のみで、具体的には登校風景、みぞれが希美を待つ、みぞれと希美が歩く、このシーンのみで二人の関係をわからせる。わかったか、リズと青い鳥ってのはこういう死ぬほどねちっこい映画だ、一瞬でも画面から目を離すんじゃねえぞ、という監督からのメッセージが伝わってくる。そのまま最後まで突っ走る。
 
なんというものを見てしまったんだと思った。こんなに緊張感のある90分があったろうか。しかもホラーであるとかサスペンスであるとか、そういうわかりやすく疲れるジャンルでの緊張ではない。女子高校生二人の、学校内の関係だけでこの緊張感を作っている。ストーリーは全然複雑ではない。そういう、構成の妙で見せるタイプの作品ではない。とにかくディテール。ディテールが異常。それだけで90分釘付けにさせる。天才の所業である。
 
しかもそのディテール全てが「感情」に奉仕している。何もかもが感情の映画。二人の複雑な感情をできるだけ正確に、詳細に表現するためだけに存在する音、レイアウト、しぐさ、モチーフ、瞳の動き。それらが絶え間なく流れてくる。その上、一つ一つがやたらと重い。感情の洪水と言ってもいい。あまりの重さと量なので、見終わった後めちゃくちゃ情緒不安定になるくらい。それぐらいのパワーがあった。リズと青い鳥のことしか考えられなくなった。

面倒臭い

togetter.com

面倒臭いと思った。「おっさん」という定義が曖昧で否定的なニュアンスの言葉を使ってキモいだのキモくないだの、勘弁してくれと思った。おまけに「男は歳を取ると必然的にキモくなるので仕方ない」と自分に呪いをかけたり(いいからお前は逃げ恥を百万回見ろと思った)、「キモくないおっさんの条件の一つは太ってないことだ」と太っている人間をさりげなくdisってたり、そんなのばっかりで読んでて疲れた。

かといって「自分に呪いをかけるのは良くない」とか、「太ってる人間をあなたは差別してますよね」とかいちいち相手にリプライを飛ばしたりはしない。僕にはわざわざ相手と議論の応酬をする勇気はない。言うのは疲れる。聞かされる側にとっても余計なお世話だ。ならば関わらないのが一番良いのでは?

クズだのキモいだの好きなだけ言っていいはずだ。言っちゃダメってのはおかしい。ただ僕が面倒臭くなっちゃうだけだ。避けたいってだけだ。関わりたくない、それだけだ。そういうことを聞く義務も読む義理もない。そして僕はそういうことを聞いたり読んだりすると不快な気持ちになる。不快な気持ちになるのは面倒臭い。故に関わらない。それでいいんじゃないか。たかが僕ひとりに避けられるなんて大したことではないはずだ。

「他人の人生を批評するのをやめろ」と言ったって何になる。余計なお世話だ。他人の人生を批評したい人は世の中にたくさんいるし、それが楽しいんだからいいじゃないか。何が問題か。僕がわざわざ見ちゃうのが悪いのだ。

そんなん考えるより明日の生活、明日の自分を考える方が百倍有益だ。あるいはウィッチャー3の方が百倍面白い。それでいいのでは。

海外のcity pop流行について


これは
Oh Bother – Safely Endangered
これの一部分を変えたやつ。

で、変えたやつの元ネタはこれ。
www.youtube.com

竹内まりやのPlastic Love。今現在だいたい800万再生。

これが海外でめちゃ流行ってる。動画ページをちょっとスクロールすればわかるけど英語のコメントだらけ。

なぜ流行ってるのか、その歴史を僕の知ってる範囲内で書く。

まずvaporwaveというジャンルについて説明しないとならない。

確か海外のどっかのクラブだった気がするが、とある人間が「クスリやってるときに曲の速度落として聞くとめっちゃトリップできるぞ」ってことに気づいた。で、そういう曲をバンバンかけるようになる。これがvaporwaveの起こり。ちなみにその人はオーバードーズで死ぬのだが。

それがきっかけとなり「vaporwave」とタグのついたフリーダウンロードのアルバムがbandcampにじゃんじゃん流れてくるようになる。なぜなら簡単に作れるから。なんでもかんでもとりあえずインターネット上から曲を引っ張ってきて速度落として10曲程度にまとめればいいわけで、リミックスも何もあったもんじゃない。そん中で一番有名になったのがこれ。
www.youtube.com

現在ほぼ4000万再生。tofubeatsもDJで流してた。
www.youtube.com
※動画冒頭で流れている。

他の特徴としてはエセ日本語的なアーティスト名、曲名をつけがち。ショッピングモール感、安っぽいCG、古いCM、昔のアニメをコラージュ、などなど。

ただ、いつまでもこんな適当な(disりたいわけではない)曲ばっか聞いてても飽きちゃうわけで、vaporwave界にも変化が起こる。それはfuture funkというやつで、何が違うかというとちゃんと曲っぽくなってる。funkというだけあってノリがよく踊れるものが多い。そん中で僕が知ってる有名な人は二人。「マクロスMACROSS 82-99」と「SAINT PEPSI」。
www.youtube.com
www.youtube.com
※ちなみにSAINT PEPSIは今Skylar Spenceという名で活動している。tofubeatsの2ndアルバムにもWithout Uという曲で参加。

という感じで、変化を起こしつつvaporwaveは続いていったのだが。
その元ネタとして、日本の古いファンクミュージックや歌謡曲山下達郎角松敏生、杏里、八神純子などなど)が採用された。このおかげで日本の古い曲が一躍有名になる。特に山下達郎はfuture funkで結構な採用率。

するとfuture funkもいいけどそもそも原曲もめっちゃいいじゃんって話になり、山下達郎が人気に。

で、ここからはあんまり詳しくないので更に雑になるが、youtubeにはレコメンド機能というのがある。だから山下達郎を通して竹内まりや、Plastic Loveにつながっていったのではないか。そんな感じで曲が曲を呼びシティポップが人気になった。多分。


ちなみに今現在vaporwave/future funk的な音楽を作っている人はまだいて、僕が知っているのはミカヅキBIGWAVE。ツイッターの感じを見る限りどうやら日本人っぽい。vaporwaveって日本以外の人が作ってたので珍しい。
youtu.be