サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

イヤホンDZAT DF-10第一印象

中華イヤホン。DZATてメーカーのDF-10。価格2230円。MapleではなくRed Sanderを購入。

ファーストインプレッションなので過大評価や勘違いが含まれるのを加味して聞いてほしい。

まず前提として、僕の音の好みとしては、フラットが大好き。高くても一万数千円のイヤホン(Audio TechnicaのATH-CK90Pro、IM01)しか使ったことがなく、今使ってるのは五千円前後のやつ(ZERO AUDIOのCARBO MEZZO)。

DF-10。傾向としては中高域推し、低音控えめ。2230円でこの音はすごい。響きがとにかく良い。アコギで指が弦を弾く音、チャイナシンバル叩いた後の残響音、コーラスなどなど。弦楽器系は大体良い。ピアノの音もいい。シンセもいい。クラップも良い。

ベース音は控えめと思わせて意外と聞こえる。あくまで意外と聞こえるレベルなので低音大好きな人には向いてない。D.A.N.とか低音ゴリゴリに聞かすミュージシャンの曲でも、このイヤホンを通すと結構あっさりしちゃう。

どういう曲が向いてるのか。特徴としては、楽器の音が良く聞こえると言うよりは、いや楽器もいいんだけども、演奏に付随するエコーやディレイなどの空間系の音の響き具合がかなり良いので、全体的により良く聞こえるって感じ。だから特に空間系エフェクトがガンガンかかってる曲聴くと気持ちよくなれる。こういうの「音場が広い」っていうの? 使い方あってる?

メリハリがはっきりしてる曲(フレデリックみたいな)でも良いっちゃ良い。ただドラムの音がしょぼいのがばれちゃうけど。いや、フレデリックのドラムをdisってるわけではなく、このイヤホン自体、ドラムの音がちょっと安っぽい。中高域推しと最初に書いたが、ある程度の高さを超えると音が劣化する。それ以外は特にしょぼいとは感じなかった。

 

最後に、とりあえず聴いてみていいなと思った曲羅列する。ちなみに一つ注釈を入れると、当然だがこれ以外の曲が良くないわけではない。基本的にはどの曲も良いが特にこれが…って話。

ceroの「ワールドレコード」、アルバムで言うと「Obscure Ride」よりも「My Lost City」

・Tame Impalaの大体の曲、特に「Let It Happen」はちびるくらい良い

・James Blakeの大体の曲

・Templesの大体の曲

山下達郎がファンクじゃなくなって以降の曲

水曜日のカンパネラの大体の曲、特に「アラジン」

Satellite Youngの大体の曲

くるりのアルバム「ワルツを踊れ」全曲

この中で一番おすすめというか最高だったのがTame Impalaの「Let It Happen」。

アコギの音が良いのでハンバートハンバートや柴田聡子もいいかも。

歩きスマホ上等アップデート

Pokémon GOのAR+モードを試してみたんだけど以前のARモードよりARらしくなってた。

そもそも以前のARモードはARモドキみたいなもんだった。方向しか認識してなかったから、ポケモンに近づこうとしても位置が変わらず風景だけが動くので、ポケモンが滑ってるように見えると言うか、つまり大地に立ってる感じがしない、という問題点があった。それが改善された。

今回のAR+は細かいところが変わってるんだけど、一番でかいのは距離の概念が導入されたとこだと思う。

流れとしては、まずマップ上にいるポケモンをタッチする。すると画面が切り替わり、いわゆる写真アプリを開いた時と同じ状態になる。そこにポケモンはいない。じゃあどうするかっていうと、「あっちのほうにポケモンがいそうな草むらがあるんで歩いていきましょう」的な通知が出てくる。それに従って歩いていくと、でかい草の塊が画面上に出てきて、タッチするとポケモンが飛び出す。で、そのままボールをポケモンに向けて一生懸命投げてもいいんだけど、ポケモンのとこまで近づいてあげることも出来るようになった。近づくとポケモンとの距離も近くなる。これだけでかなり自然になった。ちゃんとポケモンが大地に立ってる感じがする。また、草むらにいるポケモンを捕まえる過程があるから、ポケモントレーナーやってる感も強くなった。

ただ大きな問題があって、確かに体験としては良くなってる、良くなっているが、これ歩きスマホ上等にも程があるでしょう。画面を見ながら歩かせるシステムを採用しちゃってるわけだから。さすがナイアンティック、元グーグル傘下の会社、コンプライアンスなんて後で考えりゃいいと言わんばかりのこの実装すごい。最近歩きスマホが犯罪になった国どっかになかったっけか。そこだと絶対この機能使えないな。

小沢健二を聞かない

どうやらまた小沢健二がMステで歌ったらしいんだけどあと重大発表もしたっぽいんだけど、ネット上の一部の盛り上がりに比べて僕が全然盛り上がってない。そもそも小沢健二に興味がないというか、知ったのが最近だからだ。にもかかわらずコーネリアスは前から知っていた。なんで知ってたのかは思い出せない。Pointとかああいうミニマルな曲は個人的に昔から好きだったってのもあるかもしれない。ボカロでもそういう系の曲結構聞いてたし。他にも、Salyuとコラボしたアルバム『s(o)un(d)beams』はめっちゃ好きでよく聞いていたし、『デザインあ』のBGMをはじめて聞いたときも喜んだし、攻殻機動隊の音楽を担当するって聞いた時もテンション上がったし、METAFIVEの結成もすごい嬉しかったしって感じでコーネリアス/小山田圭吾についてはある程度詳しかったんだけど、小沢健二はなにもわからない。

順番としては、まずコーネリアスを知って、そっから間があってピチカートファイヴを知り、渋谷系というジャンル? があるのを知り、フリッパーズギターを知り、他諸々を聞いた後にスチャダラパーを知り、かせきさいだぁを知り、そしてまた諸々を聞いた後の後の後ぐらい、最近知ったのが小沢健二って感じ。それぐらい遅い。マジでわからない。曲も聴いたことない。女性人気がなぜこんなに高いのかもわからない。

ツイッターでフォローしてるオザケン好きの人が小沢健二ファンと星野源ファンは層が被ってる的な仮説を立ててたので、イメージだけど昔の星野源みたいな音数少な目のおだやかーな曲を歌ってるんじゃないかと思っている。今の星野源みたいにダンスチューンで踊ってるイメージはない。ついでに言うと昔の星野源の曲、あまり好きではない。なので尚更聞く理由はない。また、音楽性はちょっと違うかも知れないが、おだやかーなやつはMac Demarcoで済んでるので無し。あるいは他にどういう曲調が考えられるのか、少なくともフリッパーズギターの時みたいないわゆる 「アメリカ、イギリスとは違う洋楽」的な曲は書いてないんじゃないかと、作っていないんじゃないかと予想しているけど。最近出たやつも曲名ザ・日本の曲って感じだったし。

僕はコーネリアスが好きだから、初めてアルバム『POINT』を聴いた時のショックがめちゃめちゃ大きかったから、小沢健二小山田圭吾を比べた場合、後者のほうがいいに決まっていると思い込んでる。聞いてないのに。というかもし小沢健二の曲を実際に聞いたとしても、自分の中にあるバイアスによって無意識のうちにこの曲はいまいちな曲だと判断してしまうに違いない。聞かない。

…あ、思い出した。『今夜はブギー・バック』は聞いたことある。なにがいいんだかわかんなかった。普通に『サマージャム’95』の方がいいでしょと思った。でもあれを「小沢健二の曲」としてしまうのもどうなんだ、それは違うんじゃないのか。

 

(BGM:Mac Demarcoのアルバム『This Old Dog』)