サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

叩かれたら叩かれるだけ強くなるわけではない

ブログはメンタルトレーニングとしたみた方がいいのかもしれない - コリログ

メンタルに強いとか弱いとかない - まつたけのブログ

 

どうも新参者です。

他の人に先に言われちゃったから後出しジャンケンみたいになるのはあれだけどあえて書く。

メンタルが強くなるというのは、相手から攻撃を受けた時に、それをバネにしたり処理したりする能力が高くなることであると思っている。

それは単純に鍛えればいいというものではない。筋肉のように苛め抜けば強くなるものではない。加えて言うと、殴られた時の肉体的な痛みは、大抵の場合ちょっと時間を置けば治るものだが、精神的な痛みは時間で解決できるようなものではない。解決できるとしても、肉体的な痛みに比べたらはるかに長い時間が必要になる。

上手な殴られ方がわからない人がいるように、上手な叩かれ方がわからない人もいる。どうやら同じフィールドにやって来た人に対しては厳しく当たるのが正しいと思っている、まるで体罰を容認する運動部顧問のようなえげつない人たちが居るようだけれど、殴られたら殴られるだけ強くわけではないように、精神攻撃を受けたら受けるだけ攻撃に強くなるわけではない。精神攻撃を受けまくっても耐えられる人は、そんなことされる前から能力が高かっただけである。

こういう前提があった上でなお、攻撃を跳ね返したり処理する技術をどう高めるかという方法論については、僕個人としてはちっとも分からない。ただし、高められるにしても上がり方は人それぞれで、ゆっくり上がる人もいるし、すぐに上がる人もいるだろうとは思う。


体罰が結果的に能力のないものを排除するための装置にしかならないように、過剰な精神攻撃によって行えるのは精神的に弱い人間を弾き落とすことだけ、要はフィルタリングでしかない。ただ、おらが村によそ者は入ってくるな的な、ネットで言えば昔のニコニコ動画は良かった的な人は、こういうフィルタリングを本気で望んでいるのかもしれない。でもどっかの中原麻衣キャラが「変わらずにはいられない」とか言ってるように、そんなん土台無理なことなのである。

もしくはフィールド自体が廃れてくれば、自動的にフィルタリングがかかってそういう人しか集まらない空間になるんだろうが、そんなのが嬉しい人なんているわけがないので、というかそう考えるとどうやって受け流していくかってのは双方の問題なのかしら。

これ以上は思いつかないので終わり。