サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

感情論を書かない人が多い

書くことあったはずだけどめんどいから他のこと書く。

はてなブログに移って初めて批判コメント貰った。いや、批判なんだか中傷なんだかわからんけど。

なんだっけ、なんて書いてあったかは朧げにしか覚えてないので、それを了承してもらった上で書く。

まず、あの記事を初めボツにしてたのは、余りにも相手側を叩き過ぎてるんじゃないかというのを書き終えた後に感じたからなのです。だから叩きかえされるのは当然っちゃあ当然なのだけど、でもあんまり批判され慣れてないからなのか、コメントに気付いた時はやっぱり冷やっとしたよね。やっぱメンタル弱いね。それともこれって慣れるもんなのかな。され慣れてないとか書いちゃった後にこんなこと書くのはあれなんだけども。

とにかくわかってた、わかってた。新しいものが入ってきたら「素直に喜ぶ」のが一番正しいんだけど、にもかかわらずどうしてもそれができなくて、結果ああいう文章になってしまったんだ。にわか入ってくんな的な心の狭さ丸出しの感情的な文章書いてしまった。

でもどうやらこのはてなってところは論理まるだしの論理論理でごり押しするスタイルが多いっぽいので、逆にあんな感情論まるだし記事があっても面白いんじゃないかと思うのだ。

多分はてなバカってそういうことだと思うのだ。このフィールドはロジカルが世界の大部分を占めている。むしろ占有しすぎているのでは。だからもっと感情に素直にフツーのこと書くひと=バカが足りない、だからもっとバカが必要、みたいな。僕は少なくともそういう風に解釈してる。

また僕のムカついてるブログ論とやらを書いてしまった。それともはてな論?