サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

正解を決めるのやめろ

初デートはどれぐらいのレベルの店に行くのが正しいとか、割り勘するのが正しいとかしないのが正しいとか、結婚生活はどうするのが正しいとか、例えば家事分担はどうとか子育ての仕方はどうとか、そもそも恋愛においてどういう人間を選ぶのが正しいとか、そういう「正しい教え」みたいなものに対する反発がずっとある。人間の思想を窮屈にさせようとしてる。人間の多様性を否定している。かかあ天下の家庭があったっていいし、亭主関白の家庭があったっていいし、バランスした家庭があったっていいだろう。僕がどういう日常を送るか決める権利は僕にあるし、何が幸福なのか決める権利も僕にある。だから絶対にそういう「正しい」意見には乗らないし乗りたくない。生活はただ成立しているかしていないかだけだ。

「そんなこと言ってるとモテないよ」
「はあ、そうですか」

結局何が言いたいんだろ、正しい◯◯みたいなことを言う人間を見るとお前これから絶対に「多様性」って言葉を使うんじゃねえぞ、と思う、という話ですかね。

マニフェストダイバーシティとか言っときながら排除って言葉を使った小池百合子と何が違うんだっていう。