サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、ゲーム、インターネット

モンスターハンター:ワールド面白い

※僕はモンスターハンターは2ndGまでやって引退、MHWで久々に復帰、ストーリー未クリア、そこら辺を加味して読んでほしい。

 

www.youtube.com

モンハンワールドマジで楽しい。

まずマップを見ているだけで楽しい。常にリアルタイムでモンスターが移動してるから、マップを開くと小型モンスターはドット、大型モンスターはアイコンで表示されるのが確認できるのだが、それらが動いているのをずっと見ているだけでもニヤニヤできる。

またモンスター以外の生物も、こちらを攻撃してこないタイプの生物を環境生物と呼称してるのだが、この環境生物があちこちにいて、たとえばモンスターの死骸に集まってくる鳥や、大型モンスターが近づくと色が変化する虫など、モンスターの動きや状態によっていろんな変化を見せたりもする。

僕がこの世界に対して何のリアクションを取らずとも、常にフィールド内のどこかで何かが動いているので、たとえこのゲームを起動していなくてもこの世界は存在しているんだ、というリアリティが感じられて良い。

フィールド自体の作りも、かなり高低差もあるし植物の種類も環境のバリエーションも豊富なので、同じ一つのフィールドの中でも景色がコロコロ変わる。このゲームは一応アクションゲームということになっているが、アクションを起こさなくても、単に歩いているだけで目が楽しい。モンハンてこんなに探索が面白いゲームだったっけ? と思う。

また、反対にアクションを取ることのできるオブジェクトも豊富で、環境生物や植物に対してアクションを起こすと様々な反応を起こす。たとえば麻痺罠的な役割をしてくれるカエルがいたり、HPを回復させてくれる蜜をぶら下げた虫が飛んでいたり、一定範囲に毒を撒き散らす植物が生えていたりする。モンスターと戦う場面においては、それらの様々なオブジェクトを利用することになる。モンスターは様々な場所を動き回るし、場所によって存在するオブジェクトが違うし、なので同じモンスターを相手にしていても、同じような戦闘になりにくい。

最後に、まあこれはモンハンだからってわけではないが、同時接続数がめちゃめちゃ多いので、マルチプレイがめちゃやりやすい。すぐにマッチングする。また救難信号という、ソロプレイ中に全世界に助けを求めることのできる仕組みがあるのだが、救難信号を出すと一瞬で人が集まってくる。様々な国の人が手伝いに来てくれるので楽しい。


問題があるとすれば、これはいろんな人が指摘している点かもしれないが、マルチプレイをする為の集会所がほとんど役割を果たしていない。

最大16人が集会所に集まることができるとうたっていたが、どこにいてもマルチプレイに参加することが可能なために、確かにこれはかなり便利なのだけど、そのせいで集会所が形骸化してしまっている。ネットで見た意見で僕と同じこと考えてる! と思ったのが、はじめは集会所に集まってマルチプレイをする設計にしていたが、マルチプレイをやりやすくするため改修をおこなった結果、どこでもマルチに参加できるようになり、集会所の存在意義がよくわからなくなってしまったのではないか、という予想。

かといって、アップデートなどで「集会所に集まらないとマルチできないよー」という風にシステムを変えてしまうと、確実に今までのマルチプレイより不便になってしまうことは間違いないのでそれも難しく、一体これどうするんだろうって感じ。発売前にやっていた開発者参加のモンハンの生放送では、16人が集会所に集まる様子が流されていたけれど、実際には夢のまた夢だ。

またこれは個人的な要望なのだが、女性に男性用防具をつけられるようにしてほしい。このゲームは男を選ぶか女を選ぶかによって防具のデザインが違うのだが、女性用防具があまり自分の好みではないのだ。肌が露出してるというのも嫌っちゃ嫌だけど、単純にかっこよくないと思う。僕の趣味としても、女性がかっこいい防具を着けているのが好きなのでなんとかしてほしい。とは思うが、男と女だと骨格から違うため、デザインというか防具の形的にもはまらなそうだなあとも思う。男キャラをかわいくしていく方向はどうだろうとも一瞬考えたけれど、別にかわいい男が好きなわけではないし男の娘好きではないしと思って実行には移さず。だからほんとうに、仕方なく、妥協の結果、男キャラをそれなりにカッコよくしてプレイしている。

ただ、モンハンのデラックス版みたいなのを買うと、武士的な防具が最初から貰えるのだが、それは男女兼用になっている。ならば男性用防具を女性に着せることも可能なのではと思うが、まあそういう特殊なやつだけ兼用になってるだけなのかもしれない。