読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカルブログって程でもない

アニメ、音楽、本、映画、インターネット

ブログ論てクソ気持ち悪いと思う

僕がムカツクってだけの話です。

例えば歌ってみたの有名人の誰かが「歌とは」とか語り出したら引いちゃう。クソ気持ち悪いと思う。それはなぜなら「お前別にプロでもないのに何偉そうに語ってんだ」と思うからである。同様に、ブログをやっている人というのは大半がアマチュアである。アマチュアがなんだか「俺が文章書くときに気をつけること」とか書いてたらクソ気持ち悪い。「やっぱり・・・(髪をかきあげる)ブログっていうのは・・・(右斜め上の何もない壁を見る)当然読者を想定して書くもんだよね(ゲンドウっぽいポーズで)」とか。これは書き方が気持ち悪い。

とにかく気持ち悪い以上の理由はない。だからブログ論なんて書かない。書くとしてもその時は僕は今気持ち悪いことを書いているという意識にならざるをえない。

でもなんかブログ論なんてのを書くアマチュアの人って、それを別に恥ずかしくない行為だと考えているフシがあるんじゃないかと思う。それがムカツク。もっと言えば、そもそもブログを書くってのは恥ずかしい行為なんだよこんちくしょう。ブログを書くってのは、僕はいつもこんな面倒臭いことを思っています、と自分の心の声を開示する気持ち悪い行為なのだ*1。恥ずかしい、でも僕の言葉を読んで欲しいと思うから書くのだ。それで読まれたら気持ちよくなるわけだ。そんなん露出狂が露出を見られて気持ちよくなってんのと同じだ。だから恥ずかしげもなくやってる人がムカツク。それともなんだ、纏流子みたいにブログが俺の素肌になればいいんだキャピーンとか言って変身してるから別に恥ずかしくもないのか。ちくしょうムカツク。

ただし、ニコ動に小林幸子が歌ってみたをあげるように、プロがブログを書いているパターンもあるが、そういう場合は全然気持ち悪いと思わない。プロとしての質によって変わるみたいなのはあるんだろうが、そもそもその人の文章がつまらないと思ったらまずその人のブログなんて見ない。つまり自分の中で既に好き嫌いについてはフィルタを通した後で、なおかつプロとして活動している人が、「文章とは」とか語ってたらそれは多分許せる。そうじゃない人が文章語ってたら「お前何そんな偉そうなこと言ってんだ」と思う。


以上です。

*1:ブログ論語ってるじゃねえか。